Follow Recolle

【反省】私、誤解してました!生コラーゲンの実力で○○が…!

  1. はてブ
  2. 共有

夫「ほうれい線、きてるね~」

夕方、夫から言われてすぐに鏡を見てみると、
うわ、やっぱり。

ほうれい線にファンデーションがたまって
目立ってる~!

30歳を超えてから悩みの種だった、口元の年齢感

ちょっと前までは乾燥や肌のハリの悩みなんて
無縁だったのに、今となっては
舌回しエクササイズをしても、
美顔ローラーでマッサージしても
一向に効果なし。

年齢的にもスキンケアの問題なのかな?と
焦りはじめました。

そこでスキンケアマニアの姉に聞いたスキンケアを試してみたところ、
これが驚きのヒット!

ニッコリ笑顔にも自信が持てるようになり、
久々に会った友人に肌を褒められたり、
スキンケアを聞かれることも増えました!

誤解したままではもったいない!    「スキンケアの定番成分」ちゃんと理解していますか?

ではなぜこうなれたのか。
それはコラーゲンを見直したから

正直、姉に勧められたときは
「今さらコラーゲン?」というのが
私の印象でした。(笑)

若い頃から、コラーゲン配合の化粧水やドリンクなどが発売されるたびに試したけど
飲んでも塗っても意味がないんでしょ?って。

もはやいろんなスキンケアに含まれている
定番の成分として捉えていました。

しかし!!意外と見落としている効果
コラーゲンにはあったんです。

私は今のタイミングで気づけて本当に良かった
と思っているのでこの情報が参考になれば嬉しいです♪

コラーゲンの見落とされがちな役割

コラーゲンには意味がないと言われていたのは、
塗ったものがそのまま肌のコラーゲンの一部になるわけではないから。

外から入ってきた成分が、
コラーゲンの網目の一部として再構成される事は
現実的にはあり得ないそう。

じゃあやっぱり意味ないじゃん!
と思ったのですが、
そのうえで注目すべきは「コラーゲンの保水力」でした。

そもそも保湿ができている、とは
肌が内部に潤いを保持している状態のこと。

そこでコラーゲンは潤いを肌に留める役割を果たしていたんです。

コラーゲンはバネのように肌を支える働きというイメージが強かったのですが、
肌の水分量を増やしてくれることで
弾力があるように感じられるんですね!

でも、悲しいことに
そのコラーゲン量は加齢と共に
どんどん減っていってしまうんです。(泣)

あと5年で20代の頃の半分になるなんて、、

なるほど。だから今のうちから
水分を蓄える土台として
コラーゲンを補う必要があるのか!と
姉がコラーゲンクリームを勧めてくれた理由も
納得して注文しました。

コラーゲン原料国内シェアNO.1!   ニッピコラ‐ゲンのナノアルファの実力

                    ※2

注文から2日。クール便で届いた
ヒヤっとしたパッケージにわくわく♪
保湿力を損なわないためだそうで、
本当に”生”なんだなあ~と
期待が高まりました!

さっそくお風呂上がりに1プッシュしてみると

クリームというよりジェルっぽい感じ。


使い心地は、ぷるっととろけるように馴染み、
これだけで大丈夫?と思うほど
ベタつきがありません。

その後 いつも通り化粧水を塗ると、
肌にスーっと馴染んだので思わず二度塗り!
今まで一回塗りでヒタヒタだったのに、、、

本当にコラーゲンの保湿力を甘くみていました。

保湿力が2倍!            生コラーゲンだからこその潤い

                     *2
そんなナノアルファに使用される「生」コラーゲンは肌と同じ三重らせん構造。

加熱処理されたコラーゲンと比べ
約2倍潤いを保つんだとか。        *2

さらにナノコラーゲンも配合されているから
外側から取り込んだ潤いを
ぐっとキープしてくれそうですね!


しかも初回限定で、2週間分の2,777円相当
送料無料1,080円
1日分にすると約77円!!
コスパも良いなんて最高です!

1プッシュ足すだけでいつものスキンケアが
レベルアップするコラーゲンの力。
私と同じように誤解していた方は
一度試してみてはいかがでしょうか?

初回限定お試しはこちらから











※1 平成29年8月末日現在の累計出荷本数(6,008,279本)
※2 平成28年度コラーゲンペプチド国内販売量第1位
(日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合調べ ※2017年6月)
※3 通常価格2,777円相当。本商品(¥9,720)からの換算
*1 効果には個人差がある為、上記の内容は効果を保証するものではありません。
*2 自社原料による比較 出典:https://lp.nipcola.jp/lis81_sp_c1

この記事のライター

【PR】リコレ編集部

【PR】リコレ編集部

関連するオススメ記事はこちら

この記事へのコメントはこちら

TOPへ